トピックス コラム 人事労務税金カレンダー こんなときどうする
メンバーサービス ビジネス紹介 スタッフ 綜合会計事務所ホーム

[ IT 初歩からの脱出 ]
Windows 操作 その1
パソコンを触り始めて間もない初心者の方には、入門書などは頼りになるものです。ですが、どうせなら、もっと便利に使いたい。そう思いませんか?
そこで、こんな操作を知っていただけば、便利なのに、というような操作を少しずつ解説していきましょう。基礎くらいわかってるよ、という方も、とりあえず、このページをざっと最後まで見ていただくことをお薦めしておきます。もっと便利に使えるようになれば、得でしょ? どうってことなければ、あなたは中級者以上ですので、このコーナーは必要ないでしょう。

    ■ コピー&ペースト

    同じことを何度も入力したり、元のデータは触らないで、似たようなものを作りたい。こんなときにコピー操作をします。ワープロで文章を書いているとき、ファイル操作をしているとき、画像を作っているときなど、いくらでも使える場面はあり、とても便利です。
    間違っていただいては困るのですが、コピーとは、印刷のことではありません(^_^;。プリンタから印字することは、「プリント」「印刷」と言います。

    * 仕組み *
    コピー操作をすると、データは、クリップボードという仮住まいのような感じの記憶領域に、一旦入ります。クリップボードを参照して、他の場所に新しく同じデータを作ることを「ペースト」「張り付け」といいます。

    * 操作 *
    いろんな操作法があります。入門書に書いているのは、たいていはマウスやメニューを用いた操作です。ここではキーボードを使ったショートカットによる方法をご説明します。
  1. 範囲指定 〜 コピー
    文字をコピー&ペーストしたいときは文字を、ファイルをコピー&ペーストしたい場合はファイルを選択します。ここでは、説明のために文字のコピー&ペーストをご説明します。
    1. 反転した状態
      ラインマーカーで文章に印をつけるのと似た要領で、テキストの一部や全部をマウスで左クリックし、クリックしたままズズズズーとマウスを動かしてみます。実際にやってみましょう。では、This is a pen. このなんともいえない英文をマウスを左クリックしたまま、なぞってください。文字が反転して、図のようになればOKです。
    2. 反転したところをマウスで右クリック…なんてやると、マウスを使ったコピーになりますが、ここでは、そんな無粋なことは、やりません。マウスを右手で扱っているとして説明しますと、空いている左手を使うのです。キーボードの左下にある、Ctrl(コントロール)キーを小指ででも押したまま、人差し指ぐらいを使って、キーボードのCを押します。はい、おしまい。コピーが終わりました。キーボードのキーを使ってコンピュータを操作することを、「キーボードのショートカットを使う」と言い、Ctrl キーを押しながらCのキーをタイプすることを、「Ctrl+C」と書きます。

    ナニモカワラナイ…(*_*; と思ってる方、それでいいんですよ。いまは、文字をクリップボードに入れたところですから(^_^)。クリップボードの中身を出すのは、次のペースト(張り付け)です。

  2. ペースト
    さっきの英文を、どこかに出してみたいですね。それでは、Windows のメモ帳にでも出してみましょう。メモ帳? という方は、MS Word でも、一太郎でも、メールのソフトでも構いませんので、新しい文章を入力できるような状態にしてください。
    1. メモ帳かワープロソフトなどを開き、新しく文章を作ることができる状態にします。
    2. マウスを右クリック…というのは、マウスを使ったやり方です。ここでは、そういうやり方ではなく、やっぱりキーボードのショートカットを使いましょう。
      キーボードの Ctrl キーを押したまま、Vのキーを押します。(Ctrl+V)

    できました? できた方、おめでとうございます。新しい道が開けました。できなかった方、再度、反転して範囲指定のところから再チャレンジしましょう。諦めなければならないような、難しいことではありません(^_^)。

    では、なぜ、キーボードのショートカットを使うと便利か、考えてみましょう。理由は2つあります。
    1つは早いから。コピーのとき、マウスを右クリックして表示されるメニューを選んでいる時間に、左手でキーボードを押した方が時間が短くてすみ、また、連続操作が容易です。
    もうひとつの理由は、連続操作が簡単だから。たとえば、「飛んで」という3文字をコピーしたとしましょう。これから、「飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで」という文を作る場合、メモ帳などで Ctrl+V をしながら、画面を見ていればわかりますが、マウスと比べるまでもなく、キーボードでtondetondetondetonde…なんてタイプするより、当社比100倍と言いたいくらい、圧倒的に早いのです。

    Ctrl+C の C は、Copy の C でしょうから、覚えやすいですけど、Ctrl+V の V って何? おそらくそれは、C の隣のキーというだけでしょう。Ctrl+C をしたときと、同じような左手の形のままで操作をし易いのが、Ctrl+V だと覚えてください。

    セットにして覚えたいショートカットに、Ctrl+X, Ctrl+Z があります。Ctrl+X は、カット(切り取り)、Ctrl+Z は、アンドゥ(直前操作の取り消し)です。コピー&ペーストでなく、カット&ペーストを使う場合などに使えます。

    ・Ctrl+C (コピー=クリップボードにデータを一時的に記憶させること)
    ・Ctrl+V (ペースト=張り付け)
    ・Ctrl+X (カット=切り取り)
    ・Ctrl+Z (アンドゥ=直前操作の取り消し)
(2001.07.19 角)


Copyright © 2001-2017 Sougou Kaikei Jimusho. All Rights Reserved.